エンターテインメント・芸能法務

芸能・エンターテインメントを得意とする法律事務所

圧倒的な実績

レイ法律事務所は、芸能人・芸能関係者から、圧倒的な法律相談及び解決実績があり、著名タレントに留まらず、地方アイドル・地下アイドル、インフルエンサー(YouTuberなど)、声優等の様々なタレントの方々から数多くのご相談を頂いております。取扱業務としては、タレントの契約解除・移籍関係、ウェブサイト削除等の肖像権関係、音楽を中心とした著作権関係、芸名に関する権利関係、映画・ドラマの出演問題、コンサートやライブの権利問題、があります。これらの分野における解決は法律問題にとどまらず、業界慣行を理解した上での交渉、裁判が不可欠であり、法律論だけで解決すると逆にトラブルが深刻化することすらあります。

複雑な芸能法務

経済法・労働関係法規・知的財産関連法規・芸能・エンタメ業界の慣習

芸能・エンターテインメント法務は、労働法、知的財産関連法規(著作権法、商標法)、経済法(独占禁止法、不正競争防止法)等と複数の法律に精通していなければなりません。また逮捕・報道等の刑事事件になることもあるため、刑事分野にも精通していなければなりません。

さらには、芸能分野の特殊事情もあるため、芸能の慣習や業界内の事情(業界の人間関係からパワーバランスまで)にも精通している必要があります。また、著名な事件の場合、週刊誌・メディア対策も必要であり、記者会見、週刊誌やメディア対応までできなければなりません。

これから全てに対応することができるのは国内でも「レイ法律事務所」だけといっても過言ではございません。

芸能トラブルの解決は、裁判で勝つことではありません。トラブルについて悪いイメージが付かずノーダメージでいかに早く芸能活動が再開できるかが最重要事項です。

メディア出演からメディア対応(週刊誌・テレビ等)、記者会見まで

メディア出演、記者会見等

レイ法律事務所の各弁護士は、芸能問題に強い弁護士として数多くのメディアに出演し、さらには情報番組にコメンテーターとしてレギュラー出演もし、有名芸能事務所でも芸能人向けのセミナー講師を行い、常に最新の芸能界の情勢・情報を把握しています。

また、レイ法律事務所では、臨機応変に記者会見等のメディア対策を行うことで、事案の解決に留まらず芸能界の問題に切り込み、業界の改善も行ってきております。そして、芸能人の不祥事等があった場合についても、メディア・週刊誌対応を行い、芸能人及び芸能事務所の名誉を守り、その後の芸能活動の再開にも役立てております。

芸能人の権利を守る団体の共同代表理事

日本エンターテイナーライツ協会

レイ法律事務所では、芸能問題の第一人者である河西邦剛弁護士、芸能法務の先駆者である佐藤大和弁護士が、芸能人の権利を守る団体「日本エンターテイナーライツ協会(ERA)」の共同代表理事を務めており、芸能人の権利を守る活動もしています。

エンターテインメント分野一覧

  • 芸能人(タレントなど)
  • 漫画・小説・アニメなど
  • AV(アダルトビデオ)被害
  • 作家(作詞・作曲家)
  • 実演家(演奏者、ダンサーなど)
  • 広告会社・制作会社
  • スポーツ選手
  • 映画
  • 暴力団対策・不当要求
  • 商標権・著作権侵害

特集:芸能界と法律

海外からも信頼される「レイ法律事務所」のブランド

■SMAPの解散について「NYタイムズ」から取材
■日本のアイドル事情について (「スウェーデン」の新聞社からの取材)
※スウェーデン語の記事
■香港フェニックステレビに日本の弁護士として出演(髙橋知典弁護士)

レイ法律事務所の強み

  • エンターテインメント・芸能法務に圧倒的な実績がある法律事務所
  • 複雑な芸能法務に精通している法律事務所
  • 著名事件も多く担当している法律事務所
  • 地方・地下アイドルにも精通している法律事務所
  • アーティスト・インフルエンサーにも精通している法律事務所
  • 芸能問題に精通している弁護士らがいる法律事務所
  • 記者会見・メディア(週刊誌・テレビ等)対応までできる法律事務所
  • 芸能人、芸能事務所も推薦する法律事務所
  • 海外からも信頼される法律事務所

相談料

90分 2万1600円(税込み)来所相談のみ

※クレジットカードもご利用になれます。
※弁護士費用は、相談内容によって異なります。お気軽に弁護士にご相談ください。

注意点

  • ・ご依頼内容もしくは弁護士の業務の都合上、お受けできない場合がございます。
  • ・虚偽の内容の場合には、お受けすることはできません。
  • ・ご依頼後、虚偽の内容が発覚した場合、契約を解除する場合があります。
  • ・いかなる理由があっても、違法な行為に加担することはできません。